美味しい焼酎は、良い原料から


1979年に麦焼酎「いいちこ」が発売された当初、当社は食糧管理法によって国から供給される食糧用大麦を使用していました。このような状況の中、美味しい麦焼酎造りに適した大麦とはどういう品質なのかを明らかにするため、大麦研究を開始しました。その後、制度の改正などを経て、今日では、使用しているオーストラリア産大麦の焼酎製造の適性を判断し、収穫年度、産地、品種ごとに最適な原料を調達することが可能な仕組みを構築できるようになりました。

オーストラリアでは輸出大麦の安全・安心を担保する体制が確立されており、オーストラリア国内において厳しい品質基準が設けられています。また、日本では、輸出されるために船積みされた大麦をサンプリングして、輸入事前検査を実施することで、安全・高品質であることを二重に確認しています。

麦焼酎「西の星」の原料である国産大麦ニシノホシは、大分県との共同プロジェクトで、日本国内で初めて焼酎製造適性のある大麦として評価された品種です。当社では栽培普及活動、生産者様との意見交換を通して、ニシノホシ生産の拡大に努め、国産大麦の良さを生かした焼酎造りのための研究を日々行っています。

「美味しい焼酎は良い原料から」という当社の品質に対する想い。原料大麦に関わるすべての方々とのご縁。これらを大事に、そして、お客様へ最高の商品をお届けするために、これからも最高の原料大麦を確保するための努力を続けてまいります。

Q&A

国内製造と国産の違いは何ですか?




「国内製造」とは、表示されている原材料(加工食品)が日本国内において製造されたことを表しています。「国産」とは、表示されている原材料(生鮮品)が日本国内において生産されたことを表しています。当社商品の場合、重量第一位原材料が「国産大麦」の場合は、「大麦(国産)」と表示しています。また、重量第一位原材料が「大麦麹」の場合は、すべて当社工場内にて加工食品として製造されたものであるため、「大麦麹(国内製造)」と表示しています。

なぜオーストラリア産の大麦を使うのですか?



1979年に麦焼酎「いいちこ」が誕生した際は、当社は食糧管理法に基づき国から供給される大麦を使用して製造していました。その後当社研究所・製造部にて焼酎製造に適した大麦を探求し、世界でも指折りの大麦生産国であるオーストラリアの大麦集荷会社や大学との共同研究を実施し、さらには現地に赴いて情報交換を行ってきました。そうした活動を通じて醸成された信頼関係から、当社では主要原料としてオーストラリア産を使用しています。

原材料表示が前と変わったのですが、お酒の味(仕様)が変わったのですか?


お酒の味(仕様)は変わっていません。2015年より新たに食品表示法が施行され、表示に関わる規則が新しくなり、食品の製造に使用した重量第1位の原材料については生産国(加工食品の場合は製造国)を表示する義務があるため表示変更を行っています。



その他のQ&Aはこちら