採用情報

 

学生のみなさまへ


『世界の酒に』
『人と人、人と自然との関係を豊かに』
『働いて幸せな会社に』

代表取締役社長 和田久継


三和酒類株式会社は昭和33年の創業以来、発酵技術と創意工夫の精神で、「おかげさまで、美しい言葉、謙虚な心、丹念に一念に」を社是に掲げ、「いいちこ」をはじめとした商品づくりや研究開発に日々励んでおります。おかげさまで「いいちこ」は、国内だけでなく海外のお客様にも少しずつ広まり愛されはじめています。これからも「世界の酒」をめざして一層の努力を重ね、造り手の情熱がお客様に伝わる商品づくりに取り組んでまいります。


「継続と進化」

三和酒類は、お客様、従業員、社会にとって存在意義のある100年愛され続ける企業を目指しています。「品質第一、安全運転、おかげさまで」の精神で、世界のお客様に私たちの伝統と革新のものづくりを通じ、独創的な価値をお届けしていくことで、人と人、人と自然との関係を豊かにしていきたいと考えています。麹をはじめとした「発酵技術」と、創業時から受け継がれる「創意工夫」の精神とで、地域・社会の一員として、ものづくりを通じた社会への貢献を継続していきます。


また、三和酒類の一番の強みは人だと考えます。自分の個性や能力をいかんなく発揮し、生涯を通じてやりがいのある仕事を見つけること、それが人生の幸せにつながっていくと考えています。暮らしの変化とともに働き方が多様化し、求める幸せの形も時代にあわせて変わってきている中で、それぞれに志を持つ仲間とともに働くことを通じて、一人ひとりが喜びや成長を感じながら、自分らしく働くことで幸せになってもらいたい、そして、その成果が地域・社会の発展に役立ち、当社も成長していくための原動力になればと思います。そのためにも従業員一人ひとりが尊重しあい、互いを信頼し協力し合える職場づくりに取り組んでいきます。


常に前を向き、「1mmの品質差の追求」「お客様へ1mmでも近づく」ことを目指して進化しながら、三和酒類で働く従業員全員が「生きがい」「働きがい」を持ち、「おかげさまで」の精神をもって社会との信頼関係を築きながら継続的に存在できる、そんな会社でありたいと思っています。





採用について


Q.応募にあたって学部、学科の指定はありますか。
A.ありません。全学部全学科を対象としています。

Q.具体的な応募方法を教えてください。
A.弊社の採用情報につきましては、リクナビあるいはマイナビにてご覧いただけます。
弊社に就職をご希望の方は、いずれかのナビに会員登録のうえ、ナビ上で「三和酒類」を検索しエントリーをお願いいたします。
エントリー受付後は、ナビを通じてエントリー受付確認のお返事や採用活動に関するご連絡をお送りします。
(なお、どちらのナビからもエントリーいただけますが、弊社選考の第一歩はリクナビ「OpenES」ご提出になっておりますので、ご注意ください。)

Q.求める人材像について教えてください 。
A.三和酒類は「酒の杜の住民として、志の高さとチャレンジ精神で、働いて幸せな会社を目指します。」を人事方針とし、以下の4つの軸について実践できる人を求めます。
「美しき人・和、おかげさまで」
思いやり・感謝の心をもって行動できる人。
「専門能力・知識技術の伝承」
社内外で通用する専門能力や知識技術の向上を図り、ものづくりの喜びを共有できる人。
「コミュニケーション・リーダーシップ」
組織・集団で力を発揮できるよう、コミュニケーションを大切にし、チームワーク力を高められる人。
「チャレンジ・アクション」
独創的な発想で果敢にチャレンジし、検証を通じて更に進化できる人。


人事諸制度について


Q.希望の職種につけるのでしょうか。
A.本人の希望や適性、社内の組織ニーズを勘案して総合的に判断しますので、必ずしも入社後すぐに希望通りの職種になるとは限りません。しかし当社では、概ね入社後10年間に2部署以上の職務経験をしていただくように考えています。
また、自己申告制度があり、年1回、自分のやりたい仕事や行きたい部署の希望を自己申告するようにしています 。

Q.入社してからの教育について教えてください 。
A.入社後、例年、新入社員研修として、1週間の合宿研修、1ヵ月の現場実習を行い、職場配属となります。さらに入社3~5年の中堅社員の教育担当者のもと、3ヶ月間OJTによる職場実習を行います。
その後、2年目のフォローアップ研修を行います。その他に、担当業務に関する教育も合わせて行います 。

Q.社内教育について教えてください 。
A.社内教育は人事教育、部門教育、自己啓発の3つに分けられます。
・人事教育
 各階層に必要な知識・能力の向上を目的とするもの。
・部門教育
 各職場における従業員の専門能力および技術の向上を目的とするもの。OJTを主体。
・自己啓発
 自己の職業能力の開発向上を目的とするもの。特に「通信講座」は100以上の講座から選択でき、その費用を会社が70%(一部50%)負担しています。
・その他
 海外研修制度ではアジア2週間の洋上研修やアメリカ研修があり、毎年数名が参加しています。


福利厚生について


Q.寮や社宅に入りたいのですが、可能でしょうか 。
A.自宅から通うことのできない従業員のために、独身寮や社宅を完備しております 。

Q.社内のサークル活動について教えてください 。
A.現在、社内のサークルとして、野球部、バレー部、弓道部、テニス部、剣道部、バドミントン部、音楽研究部、サッカー部等があり、業務終了後や休日を利用して活動しています 。


事業・業務内容について


Q.業界のポジショニングについて教えてください 。
A.2015年度の酒類消費数量の内訳においては、ビール・発泡酒は約40%、焼酎は約10%、清酒は約7%、ウイスキー類は約2%を占めています。
焼酎は乙類(本格)焼酎と甲類焼酎に分かれ、そのうち乙類が約54%の割合を占めています。 「いいちこ」は乙類焼酎のうち約14.5%の比率で高いシェアを有しています。 (国税庁および日刊経済通信社調)

Q.「いいちこ」、「下町のナポレオン」が名づけられた経緯について教えてください 。
A.昭和54年からいいちこを発売していますが、発売にあたってネーミングを公募しました。その時のはがきの中に「いいちこ」もサブネーミングの「下町のナポレオン」もありました。地域の文化によりこの焼酎ができているという考え方から、ネーミングは「いいですよ」と いう意味の方言である 「いいちこ」に決定しました 。